岡村石材
三重県度会郡 石材、墓石、石碑加工販売
自社工場見学
石製工芸品
墓石紹介
豆知識
霊園紹介
施工例
イベント
カタログ請求
リンク
会社案内
お問合せ
HOME
新しくお墓を建てたり、建て直したりした時には必ず開眼式を行います。
この法要を営むことによって墓石に入魂(にゅうこん)され、私達が礼拝するのに ふさわしい尊さがそなわるとされています。  
入魂式(にゅうこんしき)・入仏式(にゅうぶつしき)・お魂入れ(おたまいれ)・ 性根入れ(しょうねいれ)・御移し(おうつし)・開眼供養(かいげんくよう)など 宗派や土地柄によってさまざまに呼ばれ、法要の営み方にも違いがあるようです。  
お墓を建て開眼供養を営むのは、単なるしきたりというばかりではありません。
大切なこの生命を、幾代にもわたって受け継ぎ伝えてくれた、ご先祖さまや故人 に感謝し、供養をささげつつ、むしろ私達自身が開眼していくことが眼目といえ ましょう。  

開眼−、眼をひらくと書いて開眼(かいげん)と読みます。入魂された墓石に 私たちが心をこめてぬかずく時、はじめて供養の本来の容儀がととのえられ、 ゆるぎのない人生をまっとうするための「目」が開かれるのではないでしょうか?
 ■お墓を建てる
   ■お墓参りのマナー
   ■追善供養のあらまし
   ■法要のすすめかた
   ■仏教の年中行事
 
Copyright (C) OKAMURA SEKIZAI. All Rights Reserved.