岡村石材
三重県度会郡 石材、墓石、石碑加工販売
自社工場見学
石製工芸品
墓石紹介
豆知識
霊園紹介
施工例
イベント
カタログ請求
リンク
会社案内
お問合せ
HOME
豆知識
お墓参りのマナー

葬儀や年回法要にあたっては法要のすんだあとお墓参りを いたします。
そして、お墓参りのあとに会食というはこびに なります。
春・秋の彼岸やお盆、故人の命日などにもお墓 参りをいたします。
何かにつけて故人を偲びお墓参りをする 習慣は、私たちの心にしみじみとした落ちつきややさしさを よみがえれせる美しい風習です。  
家族そろってお墓参りいたしましょう。

お墓参りの仕方
お墓まいりには特別に定められた作法はありませんが、一般的には次のような手順でおまいりいたします。
掃除をします。お墓の周囲の雑草や落葉、またお墓にそなえられた古い花や線香の燃えカスなどを取り除き、 掃き清めてゴミと一緒に燃やすか、ゴミ袋に入れ墓地に 設置されているゴミ箱に捨てるかして始末します。
古い卒塔婆(そとうば)が残っている場合、抜き取って燃やします。新しく卒塔婆を立てる場合にはお墓がきれいになってから塔婆立てにたてます。
墓石を清めます。たわしなどでこすり、ほこりや苔を水できれいに洗い流します。
花立に水を入れます。新しい花をいけ、水鉢に手桶の水を入れます。この時水鉢の水にしきみの葉を浮かべる古いしきたりもあるようです。水手向け(みずたむけ)といってこのしきみの葉でお墓に水をふりかける姿も見かけます。
線香の束に火をつけ線香立てに立てます。神式のお墓参りの場合には墓前に線香も花も供えず、榊(さかき)を立てて拝みます。
菓子や果物などお供物を供える時は適当な器か紙などにのせて供えます。
墓石の一番上から手桶の水をまんべんなくかけます。
血縁の深い順に合掌礼拝します。墓碑が比較的低い位置にある場合にはなるべく墓碑より身を低くしておまいり  しましょう。
合掌について
合掌は仏前でのもっとも基本的な作法です。
左手は凡夫の迷いの世界であり、
右手は 仏さまに象徴される悟りの世界であるといわれ、
左右の手をあわせて合掌する姿こそ仏さまに 帰依し救われていく姿であるとも言われています。
  >>>Back to 豆知識
 
Copyright (C) OKAMURA SEKIZAI. All Rights Reserved.