岡村石材
三重県度会郡 石材、墓石、石碑加工販売
自社工場見学
石製工芸品
墓石紹介
豆知識
霊園紹介
施工例
イベント
カタログ請求
リンク
会社案内
お問合せ
HOME
豆知識
  年の始めを祝い、その年の多幸豊作を祈り、国家の安泰を 祈願する行事です。正月に宗派を問わず大宝会(だいほうえ) が行われます。鎮護国家の法令を寺院の中だけで営んだのが 原型ですが、近年は初詣という形で私たち一般も参加し、一家の繁栄を願う新年行事ともなっています。
  お釈迦さまがお亡くなりになったとされる毎年二月 十五日に、『遺教経(ゆいぎょうきょう)』というお経を 読誦してお釈迦さまのご遺徳をしのぶ法会です。 昔から降誕会や成道会とならんで重んじられてきた 法会です。
  四月八日に行われ、仏生会(ぶつしょうえ)とも灌仏会 (かんぶつえ)ともいいます。一般には花まつりとして親しまれ、 花御堂に奉安された誕生仏(たんじょうぶつ)に甘茶を そそぎ、お釈迦様がこの世に誕生された故事をお祝い します。
 

春、秋ともお彼岸の中日にあたる「春分の日」と 「秋分の日」の前後三日間、あわせて七日間がお彼岸です。 仏教では西方十万億度(さいほうじゅうまんおくど)に 極楽浄土があるとされ、その方角がこの日には正しく示される というところから、彼岸会を行います。ご先祖さまにもっとも 心の通じやすい日としてお墓まいりをし、故人をしのびます。

  お釈迦さまのお弟子の目連尊者(もくれんそんじゃ)が 餓鬼道におちた母親を救うために、お釈迦さまの教えを うけ、夏の修行を終えた僧たちに飲食を供養したという いわれにもとづき、毎年七月、地方によっては八月、または旧暦の七月に、十三日から十六日にお盆の行事 が行われます。故人が亡くなってから初めてのお盆を初盆 、または新盆といい、特に丁重に供養します。
  お釈迦さまのお弟子の阿難尊者(あなんそんじゃ)が 焔口(えんこう)という餓鬼から「お前は三日のうちに死んで、その後は餓鬼に生まれるのだ。」と告げられます。そこで 餓鬼に飲食を施し、仏・法・僧の三宝を供養することによって難をのがれ、福徳長寿を得たというのがお餓鬼の 由来です。お盆の前後に行われることが多いようです。
  十二月八日はお釈迦さまが菩提樹の下で悟りを 開かれたといわれるところから、この日に寺院では成道会を 営みます。仏教の教えを開く講演会や法話の集いなどが各地で催されます。
  人間を苦しめる煩悩が百八あるという節があります。除夜の鐘の音は苦しみや迷いを醒まします。心身を洗い 清めるとされています。一年の最後、新年を迎えるに あたり、百八回鐘を点打し、すべての煩悩を醒まします。人間の切なる願いのこもった行事です。
  >>>Back to 豆知識
 
Copyright (C) OKAMURA SEKIZAI. All Rights Reserved.